ペット保険給付までの流れ

ペット保険比較RANKING

ペット保険の給付を受けるには、各保険団体に対し、所定の手続きで給付金を請求する必要があります。

ペット保険TOP > 流れ

ペット保険の給付を受けるには

私たち人間の場合、病院の窓口で保険証を提示すれば、その場で補償を受けることができます。

しかし、ペット保険の場合、ほとんどは事後補償となり、保険金の給付を受けるには所定の手続きが必要となります。

実際に保険金が給付されるまでに時間がかかってしまうのは難点ですが、申請さえすれば日本のどの動物病院で治療しても保険金の給付を受けることができます。

ここではペット保険の給付までの流れを紹介します。

ペット保険給付までの流れ

1.動物病院で治療費を支払う

ペット保険は日本全国どの動物病院で治療を受けても適用されるので、かかりつけの動物病院で治療を受けましょう。

ちなみに、この時点で支払う治療費は全額自己負担となります。

2.必要書類を発行してもらう

治療を受けた後、動物病院で診断書診察明細書などの必要書類を発行してもらいます。

特別に発行してもらうものではなく、いつも受け取っている診断書や領収書でOKです。

3.申請書を手に入れる

各ペット保険団体が用意している専用の申請書を入手します。

最近では、公式サイトで申請書をダウンロードできるところが多くなっています。もちろん電話で取り寄せることも可能です。

また、ペット保険団体によっては、申請前に電話連絡が必要なところもあります。

申請期間は限られていますので、なるべく早めに連絡するようにしましょう。

4.必要書類を郵送する

申請書に必要事項を記入したら、診断書などの必要書類と一緒に各保険団体宛に郵送します。

書類が届くと、保険団体が内容を確認し、補償に適応するかどうか判断します。

5.給付金の支払い

補償の適用が認められた場合、あらかじめ設定してある金融口座宛に給付金が振り込まれます。

窓口精算できる場合も

給付金の申請はほとんどの場合、上記の手順を踏むことになりますが、各保険団体と契約している提携病院を利用した場合、請求手続きを省略できる場合があります。

この場合、病院の窓口で保険証を提示すると、その場で補償額が差し引かれ、残りの自己負担分のみを支払うことができます。

上記の方法に比べて一時的な治療費の負担が減るほか、面倒な手続きが不要なので、とても便利な方法と言えます。

ただし、どこの病院でも利用できる方法ではないので、ペット保険に加入する場合は、事前に提携病院をチェックしておきましょう。

PS保険

犬の病気、猫の病気の治療費を最大100万円まで手厚く補償。
pshoken.co.jp/

アイペット【うちの子ライト】

アイペットのペット保険は、ペットの治療 費を補償。全国の動物病院でご利用可能。
www.ipet-ins.com

アニコム【どうぶつ健保ふぁみりぃ】

犬・猫・鳥・うさぎ・フェレットの保険ならアニコム損害保険
www.anicom-sompo.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ペット保険比較@おすすめランキング.com All Rights Reserved.