補償範囲の広さ

ペット保険比較RANKING

ペット保険の補償範囲は保険ごとに異なっているため、なるべく補償範囲の広いところを選ぶようにしましょう。

ペット保険TOP > 補償範囲

補償範囲は広いほど安心

ペット保険はペットのケガや病気にかかった治療費を補償してくれるサービスですが、補償対象となるケガや病気の種類はペット保険ごとに異なります。

ペットは動物特有の病気だけでなく、人間と同じ病気にかかることもあるため、補償範囲は広いに越したことはありません。

もし補償対象外のケガ・病気になってしまった場合、病院で治療を受けても一切給付金を受けることはできないので、ペット保険に加入する場合は必ず補償範囲を確認しておくようにしましょう。

ペットがかかる病気・ケガはいろいろな種類がありますが、ペットの種類によってなりやすいケガ、かかりやすい病気は大きく異なります。

たとえば、犬の場合、最もかかりやすいのはアレルギーやアトピーなどの皮膚科疾患であるのに対し、猫は膀胱炎や尿石症など、泌尿器科疾患にかかりやすい傾向にあります。

さらに、老齢のペットの場合、老化にともなって腫瘍や白内障、歯周病などの疾患にかかりやすくなります。

そのため、自分が飼っているペットの種類や年齢に合わせ、適切な補償範囲を選択する必要があると言えるでしょう。

ちなみに、ペット保険はケガや病気に対する治療を主な補償対象としているので、病気やケガを予防するための施術をはじめ、爪切りなどの定期ケア、去勢や避妊、妊娠・出産などに関わる診療費についてはほとんどの保険で補償対象外となっています。

PS保険

犬の病気、猫の病気の治療費を最大100万円まで手厚く補償。
pshoken.co.jp/

アイペット【うちの子ライト】

アイペットのペット保険は、ペットの治療 費を補償。全国の動物病院でご利用可能。
www.ipet-ins.com

アニコム【どうぶつ健保ふぁみりぃ】

犬・猫・鳥・うさぎ・フェレットの保険ならアニコム損害保険
www.anicom-sompo.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ペット保険比較@おすすめランキング.com All Rights Reserved.